物件を探す時、角部屋にするか中部屋にするかこだわりはありますか?

それぞれ良さそうなところがあるものの実際どうなのか、特徴を比べてみました!

是非、物件選びの参考にしてみてください!

角部屋と中部屋を比べてみました

角部屋と中部屋の比較

角部屋と中部屋の違いを徹底比較!結局どちらがいいの? [http://blog.ieagent.jp/kadobeyanakabeyatigai-12085]

 

10個のポイントで比較しています。

比べてみると、中部屋より角部屋が優れているということはないのです。

何を重要視するかによってメリットも変わってきます

何を重要視するかによってメリットも変わってきます

角部屋と中部屋の違いを徹底比較!結局どちらがいいの? [http://blog.ieagent.jp/kadobeyanakabeyatigai-12085]

 

例えば、光熱費を少しでも切り詰めたい場合は外気の影響をそれほど受けない中部屋が良いでしょう。金額面だけでなく、たしかに中部屋は過ごしやすいんです。

現在、中部屋住まいなのですが、寒がりの筆者には大変助かっています。

 

ただ、やはり日当たりは角部屋には劣ります。

 

日当たり

 

角部屋は日当たりがよく風通しも良いので、例えば、空気がこもるのが気になる方お部屋の匂いに敏感な方湿気によるカビの発生などが気になる方にはオススメです。

 

以前、このサイトでもご紹介しましたが、空気を入れ替えるために空気の通り道を作るには窓を対角線に開けると効果的です。空気が汚れていると肌荒れの原因になりかねないので、女性は特に注意したいポイントです。

 

前紹介した記事はこ「お部屋の空気の汚れと肌荒れの関係とは?」

 

また、こちらのサイトでは角部屋と中部屋を比較した10個のポイントを詳しく解説していますので、是非ご覧ください!