寒さが引き起こす様々なお肌トラブル

寒さが引き起こす、様々なお肌トラブル

「冬はとにかく保湿!」に気をつければ良いと思っていませんか?

実は乾燥以外に、お肌トラブルを引き起こしてしまう原因がいくつもあります。

冬は便秘になりやすい!?

冬は便秘になりやすい

 

実は冬は便秘になりやすい季節でもあります。

寒さによって体が緊張して交感神経が優位になりがちになります。

交感神経が優位になると腸のぜん動運動が鈍ってしまい、肌のハリをなくしたり、ニキビや肌荒れのもとなってしまいます。

 

また、冬は血の循環が滞りがちで、どうしても顔色がくすんでしまいます。

 

さらに、便秘になると自律神経が低下し皮膚の血行も悪くなってしまいます。

  

クリスマス、忘年会、お正月など何かと食べるイベントが盛り沢山な寒い季節。

しかし、それらを消費するだけの運動はしないのが現状。

無駄な食べ過ぎにより、腸に負担をかけてしまいます。

 

中医学では冬は、動物は冬眠し草木は葉を落とすように、人間の身体の働きも緩慢状態に入り内臓を休ませる季節と考えられています。

なので、冷えだけでなく、便秘になりやすくなってしまうのも自然なことでもあるのです。

 

参考元:肌くすみ・インフルエンザの原因に!?冬に腸内環境を整えたい理由3つ

[http://lbr-japan.com/2015/11/20/84690/]

冬でも透明感のある肌でいるために便秘を撃退!

まずは、1週間で腸内をリセットしてみませんか?

 

デトックス野菜

1~3日目

デトックス野菜をたっぷり食べて、まずは腸内のお掃除をしましょう!

下痢と便秘を繰り返す過敏性腸症候群の方は、繊維の強い野菜は避け、玉ねぎやきのこを中心に食べるようにしましょう。

デトックス野菜:ごぼう、きのこ、玉ねぎ

 

修復野菜

4~6日目

修復野菜を食べて、デトックスされた胃腸の状態を良くします。

修復野菜:キャベツ、サツマイモ、にんじん

 

活性野菜

7日目

活性野菜を食べて、細胞を活性化させよう!

活性野菜:大根

食べ方のポイント

皮ごと食べる

皮ごと食べる

皮には美肌に欠かせない栄養素がたくさん含まれています。

丁寧に洗って野菜は皮ごと食べましょう!

 

発酵食品をプラス

発酵食品をプラス

良い菌で腸内環境を整えることは大切です。

ヨーグルトの動物性乳酸菌に加えて、味噌・納豆・キムチなどで植物性乳酸菌も摂取しましょう!

 

オイルにこだわる

オイルにこだわる

良質のオイルは腸内の乾燥を防ぎ、スムーズな排便を手助けします。

 

たんぱく質もしっかりとる

たんぱく質もしっかりとる

筋肉が落ちてしまっては代謝の悪く余分なものを溜めこむ身体になってしまいます。

牛赤身や豚もも肉など、脂肪の少ない良質のタンパク質はしっかり食べましょう!

 

以上を気をつけて、冬でも透明感のあるお肌を保ちましょう!